度付きサングラスを作る〜8カーブの魅力Top >  度付きサングラス徒然日記 >  度付きサングラス オークリー(Oakley)モンスタードック その2

スポンサードリンク

度付きサングラス オークリー(Oakley)モンスタードック その2

monsterdog-02.JPG

モンスタードックは、本来8カーブのフレームだ。
でも、今回選んだ東海光学のレンズは7カーブが限度だった為、
フレームをやや曲げたそうだ。
オークリー(Oakley)の耐久性に優れたO Matterという素材は、
なかなか曲げるのが難しいが、信頼できる眼鏡屋さんで作れば、
少しの補正はお手の物…ありがたかったですわ。

外側を綺麗に納めると、どうしても内側が極端に出っ張る。
コレは、もう度付きにする宿命といえるでしょう。

だけど、ココにもデザイン性のポイントが。
レンズの小口をツルツルに磨くか、ヘアライン状にするかで変わる。
前者は、小口が正面からバチッと見えて目立つし、
後者にすると、仄かに縁取りされてるように見える。

僕は後者を選びました。逆転の発想で、出っ張るレンズを楽しみましょう!

関連エントリー

度付きサングラスを作る〜8カーブの魅力Top >  度付きサングラス徒然日記 >  度付きサングラス オークリー(Oakley)モンスタードック その2

Edit