度付きサングラスを作る〜8カーブの魅力Top >  サングラス:オークリー(Oakley) >  オークリーの歴史

スポンサードリンク

オークリーの歴史

オークリーの歴史はアメリカから始まります。創業者はジム・ジャナード。
1975年に、300ドル(現在の日本円で3万円)で創立された会社です。

そんな額で始めた会社ですから、最初は自宅のガレージから始まり、
最初の製品は、モトクロス用のバイクグリップだったのです。
意外や意外、オークリーのサングラスではなかったのですね、、、

このモトクロスバイクのグリップが、機能性に優れていてあっという間に
ライダーたちの評判になりました。これが現在のオークリーの礎となります。

そして、次に開発したのがサングラスとも通ずるモトクロス用のゴーグル。
この製品は、かなりのロングセラーになりました。視界が広くハッキリ見える
レンズが好評だったようです。

ココからがオークリーの快進撃の始まりです。80年代からはアウトドアやスポーツでの
使用にこだわったゴーグル、サングラスの開発から、アイウェア全般へ
ビジネスモデルを広げていきました。

言わずもがな、オークリーの評判を一般庶民に知らしめたのは、
各界のスポーツ選手、しかもスーパースターが太鼓判を押したからです。

例えばイチロー、ゴルフの宮里藍選手などオークリーの性能に
惚れ込んだスポーツ選手は数知れません。



関連エントリー

度付きサングラスを作る〜8カーブの魅力Top >  サングラス:オークリー(Oakley) >  オークリーの歴史

Edit